映画史上に残る恋愛映画「男と女」

SPONSORED LINK

男と女」はフランス映画史上に残る
恋愛映画の傑作だと思いますが、
実はフランシス・レイと
ピエール・バルーの映画音楽の方が
広く知られているのではないでしょうか。

フランス語のタイトルは
「Un homme et une femme 」で
1966年発表のフランス映画です。
私は二人の音楽の大ファンでしたので、
あのダバタバダ、
というスキャットのテーマソングが大好きでした。

この映画は実は内容はあまり期待せずに見ましたが、
今でもたまに見たくなる、
そして見るたびに印象の違う、
恋愛映画の大傑作だという印象を持ちました。

この映画の監督はクロード・ルルーシュです。
クロード・ルルーシュの29歳の時の作品ですが、
当時としてはかなりの低予算だったらしく、
劇中の現在の時間軸はモノクロームのフィルム、
過去の追想はカラーフィルムを使う、
という変則的な作りなっています。

それは何故かと言うと、
当時はカラーフィルムは
かなり値段が高かったためと聞いております。

この映画のストーリー自体はごく{シンプル}です。
ピエール・バルーが演じる
スタントマンの夫を亡くした未亡人、アンヌは
娘を寄宿舎に預けています。

そして同じく寄宿舎に息子を預けている
カーレーサーのジャン・ルイ
(ジャン・ルイ・トランティニャン)という男性と
運命の出会いをします。

二人は何度もすれ違いながら、
最後の最後に結ばれます

アンヌを演じるアヌーク・エーメは、
スタントマン役のピエール・バルーと
実生活で結婚}しています。
ピエール・バルーは
この映画で得たギャラを資金に、
非常に良心的な
独立系音楽レーベル「サラヴァ・レコード」を設立し、
ブリジット・フォンテーヌなどの
数多くの作品を世に出しました。

この映画が無ければ、
その後のフランス音楽も
少し違ったものになっていたかもしれません。
私にとっては忘れることのできない
映画の一つになりました。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!恋愛映画の名作の関連記事
  • category
    恋愛映画の名作

    恋愛ものとしたらこの話を置いてほかにはありませんといっても過言なほど、世界で最も愛されている悲劇といってもいいと思います。 私はこのお話はこの映画でしか観たことがありませんが、それでも初めて見た時はそれなりに衝撃を受けました。