人は顔ではない「美女と野獣」

SPONSORED LINK

突然ですが、あなたは恋愛相手に対して
外見」を重視しますか?
性格」を重視しますか?
どちらも大切だよと、
考えている方も
中にはいらっしゃることでしょう。

確かに恋愛のきっかけを作るには
ある程度の外見は必要だと思いますし、
長く楽しい恋愛を続けていくには性格の良さも
重要な要素になると思います。

しかし恋人との幸せを左右するのは
「性格」重視の恋愛ではないでしょうか。
いくら顔が良くても、
自分を大切にしてくれない相手は
一緒にいても悲しい気持ちになってしまい
付き合い続けたとしても、
恐らく幸せにはなれません。

反対に、顔はタイプではなくても
自分を大切に扱ってくれる人には
次第に恋愛感情が表れ
幸せな未来が待っているかもしれません。
人は顔ではない、という言葉は
まさにその通りなのかもしれないですね。

そしてこの教訓を
分かりやすくロマンチックに描いているのが
ディズニー映画の中でも根強いファンが多い
美女と野獣」です。

ヒロインのベルは
読書が大好きな心優しい女の子。
2人暮らしをしている父親を守るために
恐ろしい容姿の野獣の元で
暮らすことになります。

しかしこの野獣は、実は王子だったのです。
我が儘で自分勝手な性格を戒めるために
魔女から呪いを掛けられて
野獣の姿にされてしまっていたのでした。

呪いを解くには、運命の相手を愛し愛され
真実の愛に気付かなくてはなりません。
恐ろしい野獣の姿をしているため
呪いを解くことに諦めすら感じていた野獣。
そんな彼の元に現れたベルは
不器用ながらも
自分を大事に扱ってくれていることを
一緒に暮らしていく中で感じていきます。

そして野獣を見た目で判断することなく、
徐々に心を通わせていくのです。

見た目は恐ろしい野獣ですが、
そんな野獣の内面を
好ましく感じているベルの表情は
いつも幸せで溢れているように見えます。
「見た目」よりも「心」そんな恋愛観を
胸をときめかせながら学んでみませんか?

SPONSORED LINK